天晴れ、 推しくん!

書きたいことを書くだけ

26

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

今日もぼちぼち元気なぽんこつオタクライフを過ごしております。

 

 

BGMにはモンゴル800の「Don't Worry Be Happy」をどうぞ♩

 

 

 

 

 

そしてそんな今日は・・・

 

 

 

 

 

 

安井謙太郎くん26回目のお誕生日おめでとうございます!

 

 

 

 

 

26歳だって~!あんなにカワイイ顔しといてそれはないってばよ~~!

萩谷くんと並んでも謙ちゃんはぜんぜん同い年だし、 なんなら萩谷くんの方がお兄さんに見える程度の童顔ありがとうございます(?)

 

 

謙ちゃんにとって25歳はどんな1年だったかな。

ジャニーズに入って初めてのユニットが出来て、 今までと全然違うことを沢山経験して、 その度に嬉しかったり悔しかったりしたのかな。

 

 

わたしは安井謙太郎という人間から生まれる言葉はもちろんすきだし、 謙ちゃんのココロがそのまま飛び出てきて叫んでんのか?みたいな、 その声がだいすきだ。

 

 

どこかで、 「夢を人に話すことで必ずその夢は実現される」という言霊とやらの不思議な話を耳にしたけれど

謙ちゃんはまさにそれを実行している人だとおもう。

 

どの取材でもデビューしたい!ととても積極的に発言してくれるし、 その言葉に自然とこの人なら叶えてくれる。 絶対最後までついていこう!と思わされることが多い。

少なからずわたしは50984819848億回は思わされている

 

今日見かけたツイートに、 「安井謙太郎は希望そのものだ」という言葉があった。

その通りだなあ・・・

 

 

謙ちゃんみたいに沢山転んで躓いてボロボロになっても、 その分立ち上がって走って努力する人はキラキラ眩しい希望そのものだよなあ・・・

努力するって簡単なようで難しい。

でもそれを成し遂げる安井謙太郎って、 超かっこいい

 

 

らぶちゃんたちのこと可愛がるのもいいけど、 たまには甘えてね。

萩谷くんのこといつまでもほっぺがリンゴみたいに真っ赤だった男の子だと思わないでね!!!

 

あと突然ですが、 バンドにとってボーカルってやっぱり一番大事な存在だと思います。

もちろんドラムがいなかったら何にも始まらない事実は認めた上での発言だぞ!

 

ドラムがバンドにとって血液を送るポンプである心臓なら、

ベースがバンドにとって身体を支える骨なら、

ギターがバンドにとって明るくて色鮮やかな世界を見せてくれる目なら、

ボーカルは、 誰かに想いを伝えるための表情や声そのものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

えっ?何??

 

うちの怜央がいないじゃない!!」

諸星翔希はどこだ!!???!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードとサックスは割愛した(れおれおとモロちゃんごめん)

 

 

 

 

ま、 まあ?!?!??とにかく謙ちゃんはLove-tuneという一つのバンドになくてはならない存在だと!!!?!?そういうこと!!!!!!!顕嵐もな!!??!???

 

 

ほんと・・・謙ちゃんデビューしようね・・・

 

 

 

いつまでも、 心配せんでも幸せなLove-tuneでいましょう

 

 

 

 

 

 

謙ちゃんの26歳がキラキラの夢いっぱいで、 でもちょっぴり苦い現実の混ざった素敵な1年になりますように。

 

 

 

 

 

CanCam9月号みんな買って